ギリシャのスタマタキスの個展「現象の色」フォトレポート(photos)

GREEK

Photo: Junko Nagata

2020年12月18日(金)から26日(土)まで、ギリシャの現代美術家ジョージ(ヨルゴス)・スタマタキスが藍染で未来の海を描く個展「現象の色 The Color of Phenomenon」が墨田区のすみだ北斎美術館で開催された。

会場に展示されたのは、スタマタキスが自らギリシャ西部のエプタニサ諸島のうちコルフ島、ケファロニア島、イタカ島、パクソス島、アンティパクソス島周辺で撮り溜めた海中写真を62枚の絹に転写、日本から空輸した徳島産の藍で染めたもの。観客らは設置された扇風機からの風を受け軽やかにはためく作品の間を自由に通り抜けながら、ひと時の「海中散歩」を楽しんだ。

阿部祟子・ヤマトヤスオによるパフォーマンス /photo: Maria Mpisiritsa

会期中の20日(日)には個展を後援した駐日ギリシャ大使館からコンスタンティン・カキュシス大使とイオアナ・ハリクリア・ヤナカル大使夫人が会場を訪問。「素晴らしい作品だ。我々も、ここ日本でギリシャの才能ある若者の活動を支援でき嬉しい思いだ」と語りながらを美しい作品を鑑賞、続いて土日限定で開催されていた阿部祟子(ダンス)・ヤマトヤスオ(ベース)によるパフォーマンスを堪能した。

(左から)ヤナカル夫人、スタマタキス、カキュシス大使 /Photo: Junko Nagata

(左から)カキュシス大使、阿部祟子、スタマタキス、主催者の合同会社UPN代表・パフォーマンス演出の坂田ゆかり、ヤナカル夫人、ヤマトヤスオ /Photo: Junko Nagata

 

scroll to top