ソチオリンピック2014・ギリシャ代表7選手決定

winterolympics-greece

旗手を務めるギリシャ女子クロスカントリーのパナヨタ・ツァキリ。

2014年2月7日(金)からロシア・ソチで開催される第22回冬季オリンピック開会式で、ギリシャから女子スキー・クロスカントリーに出場予定の24歳パナヨタ・ツァキリ選手がギリシャ代表選手団の旗手を務めることが28日(火)ギリシャオリンピック委員会から発表された。ギリシャは男子5名、女子2名の総勢7名の代表選手団でソチオリンピックに挑む。

旗手を務めるツァキリはバイアスロンおよびクロスカントリー界のトップアスリートで、1990年ギリシャ・ドラマ生まれ。2006年トリノ、2010年バンクーバーに引き続き今回3度目のオリンピック参加となる。19歳の時出場したバンクーバーでは、父のサナシス・ツァキリスとともに戦い注目を集めた。

tsakiri

娘パナヨタ、父サナシス・ツァキリス。

ツァキリを含むギリシャ代表選手7名の詳細は以下のとおり。

【男子】
マッシミリアノ・バルカレジ(19歳/男子アルペンスキー)
コンスタンディノス・シカラス(30歳/男子アルペンスキー)
アポストロス・アンゲリス(21歳/男子クロスカントリー、バイアスロン)
ニコラオス・ポリフロニディス(25歳/男子スキージャンプ)
アレクサンドロス・ケファラス(30歳/男子ボブスレー・スケルトン)

【女子】
ソフィア・ラリ(26歳/女子アルペンスキー/2010年バンクーバー大会出場)
パナヨタ・ツァキリ(24歳/女子クロスカントリー/2006年トリノ、2010年バンクーバー大会出場)

・ギリシャ代表選手団総監督/バシリス・カツォラス
・代表コーチ/ティモレオン・ツレカス、ステルギオス・パポス、クリスティアン・ミラー

1924年に始まった冬季オリンピックにギリシャ代表は1936年大会から出場。これまで計17大会の61競技に参戦している。

scroll to top