第31回アテネクラシックマラソン:ギリシャ・日本選手大会結果

athens_classic_marathon_finish

(photo: Athens Classic Marathon)

第31回アテネクラシックマラソンが2013年11月10日(日)ギリシャ・アテネで開催され、日本の井上貴博が2時間20分15秒で日本人トップの総合7位に入賞した。

ギリシャ人トップは2時間24分5秒の総合9位でゴールしたフリストフォロス・メルシス。続いて総合10位には同じくギリシャからコンスタンディノス・プリオスが2時間25分33秒で、総合11位にはディミトリス・セオドラカコスが2時間27分14秒の記録でゴールし、ギリシャ勢が総合9位から11位を占めた。

今大会では表彰台の1位から3位までをケニア勢が独占。総合1位は2時間13分55秒でYego Hillary Kipkogeiが、総合2位は2時間14分36秒でKimeli Dicsonが、総合3位には2時間14分43秒でRutoh David Kipkorirがそれぞれ獲得した。

また、女子ではギリシャのマグダ・ガゼアが2時間46分3秒で女子総合3位、ギリシャ女子1位で銅メダルを獲得。女子総合4位には日本の岩村聖華が2時間50分6秒の日本人女子トップでゴールを果たした。

女子総合1位を獲得したのは2時間31分34秒でゴールしたケニアのRotich Otich Nancy Joan。女子総合2位には2時間41分59秒でウクライナのStanko Svitlanaが獲得した。

なお、アテネクラシックマラソンの女子大会記録は2004年に開催された第22回大会で日本の野口みずきが記録した2時間26分20秒で、いまだこの記録は破られていない。

scroll to top

Send this to a friend