時代への旅路:19~21世紀のアテネ・パルテノン神殿と考古学的遺産

アテネをはじめとするギリシャの各地は、悠久の時を旅し、数千年に及ぶ歴史を今に感じることの出来る場所として今に生きています。それぞれの土地には2,500年以上前に作られた建造物が今もなおその姿を今に残しています。

ギリシャを愛したカール・フィリップ・ヴィルヘルム・モリッツ・デ・グランジュ男爵の息子であり、オスマン帝国に対するギリシャ人の1821年の解放戦線に参加したと言われているポール・デ・グランジュ男爵(1825-1911)は、19世紀のギリシャを撮影したギリシャ生まれのドイツ系写真家としても活躍しました。

以下にご紹介するのは19世紀後半にポール・デ・グランジュ男爵がアテネで撮影した写真の一部です。私たちGreeceJapan.comが2021年9月に撮影した現在の写真と比較して、その違いをお楽しみください。

パルテノン神殿/1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

パルテノン神殿, 2021年 ©GreeceJapan.com

パルテノン神殿, 1860年代 / Baron Paul des Granges

パルテノン神殿, 2021年 © GreeceJapan.com

カリアティード, 1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

カリアティード, 2021年 ©GreeceJapan.com




エレクテイオン, 1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

エレクテイオン, 2021年 ©GreeceJapan.com

ヘーパイストス神殿, 1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

ヘーパイストス神殿, 2021年 ©GreeceJapan.com

ゼウス神殿, 1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

ゼウス神殿, 2021年 ©GreeceJapan.com

以下にご紹介するのはかつてのアクロポリス神殿とゼウス神殿を写した写真です。もちろん今は、かつての姿と全く異なる景観となっています。

ゼウス神殿とアテネのアクロポリス/1868-1880年代 / Baron Paul des Granges

ポール・デ・グランジュ男爵が撮影したその他の写真はこちらから:getty.edu.

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbywebの共同創設者。

scroll to top