ギリシャのコカラニス、ウインドサーフィンで欧州の頂点に

kokkalanis-wind-surfing

フランスのブレストで7月7日(日)に開催されたウインドサーフィンの男子RS:X級ヨーロッパ選手権で、ギリシャのヴィロン・コカラニスが2位のShahar Zubari(イスラエル)に8ポイント差をつけて優勝、金メダルを獲得した。

コカラニスは1985年アテネ生まれ。13歳の頃からウインドサーフィンを始め、2012年ロンドンオリンピックでは同種目で6位に入賞しているトップアスリートの一人。

ブラジル・ブジオスで今年3月2日から6日まで開催されたウインドサーフィンRS:X級世界選手権では3位で銅メダルを獲得しており、1996年アトランタオリンピックのウインドサーフィン・ミストラル級で金メダルを獲得し、2004年アテネオリンピックでは同種目で銀メダルを獲得し最終聖火ランナーも務めたギリシャのトップサーファー、ニコス・カクラマナキスの後継者として知られている。

●GreeceJapan.com/ 永田 純子


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

scroll to top