きょうの日:1900年12月17日ギリシャの女優カティーナ・パクシヌー生まれる

1956年(昭和31)夏ギリシャ・エピダヴロスでメディアを演じるパクシヌー/Photo ©ギリシャ国立古代劇場

1900年(明治33)12月17日はギリシャを代表する歴史的大女優カティーナ・パクシヌーがこの世に生を受けた記念の年だ。今から120年前、ギリシャの首都アテネにほど近い港町として知られるピレウスで生を受けたパクシヌーは、古代ギリシャ悲劇の様々な役柄をはじめ、ハリウッドで国際的なキャリアを描いた初めてのギリシャ人女優としてもその名を今に残している。

パクシヌーは1944年(昭和19)アーネスト・ヘミングウェイの小説をサム・ウッド監督が映画化した『誰が為に鐘は鳴る(1943)』のピラー役で第16回アカデミー賞助演女優賞を獲得、一躍世界にその名を知らしめた。

1944年(昭和19)オスカー像を手にするパクシヌー

1920年(大正9)オペラ歌手としてそのキャリアをスタートさせたパクシヌーは早くにオペラから劇場へ転向。1929年(昭和4)アテネで上演されたアンリ・バタイユ作『裸女』に出演し女優としてのキャリアをスタートさせて以降、ギリシャ古典劇の重要な役柄を演じ続けた。

パクシヌーはまた1938年(昭和13)9月11日にギリシャの誇るエピダヴロスの古代劇場で、実に2000年ぶりに上演された古代ギリシャ三大悲劇詩人・ソポクレス作のギリシャ悲劇『エレクトラ』で主演を務めたことでもその名を歴史に残している。

1938年9月エピダヴロスの古代劇場で行われた『エレクトラ』リハーサルでのパクシヌー/Photo © MIET

1938年9月11日エピダヴロスで上演された『エレクトラ』で演じるパクシヌー/Photο © ギリシャ国立古代劇場

ギリシャ古代演劇、ハリウッドでの女優としての輝かしいキャリアのほか、パクシヌーは作曲家としてもその才能を発揮。1933年(昭和8)・1952年(昭和27)にギリシャ国立劇場で上演されたソポクレス作のギリシャ悲劇『オイディプス王』の音楽を作曲した。

古代ギリシャ劇からハリウッド映画まで、ひとりの女優として激動の時代を駆け抜けたカティーナ・パクシヌーは1973年(昭和48)ギリシャ・アテネで72歳の生涯を閉じた。

1987年(昭和62)ギリシャ郵政が発行したパクシヌーの記念切手

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top