女子レスリング:ギリシャのプレボララキ、個人戦W杯で金

2020年12月12日から18日までセルビア・ベオグラードで行われたレスリングの個人戦ワールドカップ(Individual World Cup)女子53kg級でギリシャのマリア・プレボララキが金メダルを獲得した。

今回開催された個人戦ワールドカップは、12月に同所で開催が予定されていた世界選手権が、新型コロナウイルス感染拡大による渡航制限などにより各国が参加を見合わせた結果エントリーが規定に達しなかったため中止となったことから、その代替イベントとして開催されたもの。

世界ランキング5位のプレボララキは決勝でポーランドのロクサナ・ザシナと対戦。5-1で完勝し金メダルを獲得した。

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top