18日(月)から古代遺跡の営業再開:サケラロプル大統領が訪問

「クラタメ・アポスタシス(距離を取ろう)」のサインが点灯する遺跡入口 © Ministry of Culture and Sport

新型コロナウイルス感染拡大を受け、一時閉鎖されていたアテネのアクロポリス神殿を始めとするギリシャ国内の古代遺跡が5月18日(月)から訪問客の受け入れを再開した。

18日(月)には今年3月13日(金)史上初めて女性としてギリシャの大統領に就任したカテリナ・サケラロプル大統領とリナ・メンドニ文化相がアテネのアクロポリス神殿を訪問した。

メンドーニ文化相(左)とサケラロプル大統領(右)© Ministry of Culture and Sports

営業が再開された18日(月)アクロポリス神殿にはサケラロプル大統領とメンドーニ文化相とともに国内外の通信社から特派員が訪れ、およそ2カ月振りに再開された訪問客の受け入れを祝した。

古代遺跡の営業再開に当たっては、訪問客ならびに遺跡の各種業務に従事する職員の新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、必要に応じて消毒作業が行われるほか、アクロポリス神殿の入場口では入場・退場口を分離するカーテンが設置される等、様々な施策が実施されている。

「スタシテ・エド(ここでお待ちください)」と書かれた床面サイン © Ministry of Culture and Sports

なお古代遺跡に訪れる訪問客については以下のルールを順守することが義務付けられる。

・チケット売場、遺跡内部ではお互い最低限で1. 5mの距離を確保すること。
・待機については各地点に施された注意書きに従うこと。
・マスクおよび殺菌剤を適切に使用すること。

なお、遺跡のツアーガイドについても訪問客同様マスクの使用を始めとする保護策の順守が付けられる。

 


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top