ギリシャ国立オペラのバレエダンサー新田愛結花、国際ダンスデーに寄せるメッセージ公開

GREEK

ギリシャ国立オペラバレエ団の日本人ダンサーのひとり新田愛結花が4月29日の国際ダンスデーに寄せて『今、あなたにとってダンスとは?』との問いに答える映像を公開した。

今回の映像は、ギリシャ教育体育省がギリシャ国立オペラと協力し新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出を控えるキャンペーン「#Μένουμε_σπίτι(家にいよう)」の一環として、ダンサーそれぞれにとっての「ダンスとは何か」の問いに答えるリレービデオメッセージの中の一つ。

新田愛結花は2017年からギリシャ国立オペラバレエ団のダンサーとして活躍している。

新田愛結花は神奈川県生まれ。10歳でクラシックバレエを始め、東京でバレエを学びながらABC-TOKYOバレエ団でトレイニーとして活動後同バレエ団でソリストに昇格。これまでに様々なコンクールに参加し賞を獲得しており2014年にはドイツのタンツ・オリンプコンクールで1位(金賞)を受賞。同年にはチェコ国立モラビア・シレジアバレエ団へソリストとして入団し『白鳥の湖』主役の他様々な演目で主役を演じ活躍。2071年からギリシャ国立オペラバレエ団のダンサーとして現在まで活躍を続けている。

[ ビデオ ]

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top