テッサロニキ「しがしが」留学記-テッサロニキ初ヨーロッパ風クリスマス・マーケット編

アリストテリス広場

2019年12月初頭から2020年1月7日まで、アリストテリス広場からヴェニゼロス広場に渡る一帯で、クリスマス・イベントが開催されており、特にヴェニゼロス広場ではテッサロニキ市では初となる「ヨーロッパ風クリスマス・マーケット」が開催されている。新しい冬のイベントとしてテッサロニキ市により催されたもので、ライブ・イベントや子供向けのアトラクション、そして多くの出店等でにぎわっている。観光案内所によると、来年も開催されるかは未定とのことで、年末年始をギリシアでお過ごしの際はぜひ立ち寄られたい。平日は午前11時から22時まで、土日は午前10時から午後23時まで営業している。

尚近郊の街では、トリカラやドラマ等の街でもクリスマス・マーケット等が開催されており、併せてテッサロニキ周辺の街を巡るのもお勧めとのことであった。

アリストテリス広場

ヴェニゼロス広場

ヴェニゼロス広場

ヴェニゼロス広場

ヴェニゼロス広場

Photos: FUKUDA Kosuke

 

福田 耕佑

福田 耕佑

テッサロニキ・アリストテリオ大学、哲学部・中世及び近現代ギリシア学科に留学中。専攻はニコス・カザンザキスを中心とした近現代ギリシア文学・思想史。ギリシアと言えばアテネのアクロポリスやエーゲの島々が有名だが、ギリシア第二の都市テッサロニキから、一緒にギリシア語勉強中の妻との生活模様や北ギリシアの情報について不定期にお届けします。「しがしが」はギリシア語でσιγά σιγάで、「ゆっくり」という意味です!

scroll to top