ギリシャ・コリントス運河を過去最長のクルーズ船が通過(video)

photo: Fred. Olsen Cruise Lines

2019年10月9日(水)全長6.4キロメートル、最も狭い地点で幅わずか24メートルというギリシャのコリントス運河を、これまで同運河を通過した船舶の中で過去最長となるフレッド・オルセン・クルーズライン(Fred. Olsen Cruise Lines)が運航する客船が通過した。

今回コリントス運河を通過したのは乗客929名を乗せた同社のクルーズ船Braemar。全長195.82メートル、幅22.52メートル、総トン数24,344トンの同船は、フレッド・オルセン・クルーズラインが運航する全25泊の「Corinth Canal & Greek Islands cruise」コースのため2019年9月27日(金)イギリス・サザンプトン港を出港したもの。

フレッド・オルセン・クルーズラインが運航するクルーズ船は、2021年春再びコリントス運河を通過する予定という。

フレッド・オルセン・クルーズライン社のクルーズ船Braemarがコリントス運河を通過する際の映像

 

 

scroll to top