リオ五輪・女子棒高跳び金のギリシャのステファニディ、IOCアスリート委員会の候補者に

GREEK

ギリシャオリンピック委員会は、リオ五輪女子棒高跳びで金を獲得したカテリナ(エカテリニ)・ステファニディを国際オリンピック委員会(IOC)アスリート委員会の選手委員の候補者に指名した。

IOCアスリート委員会の4人の新選手委員選挙は来年2020年の東京五輪で実施されるもの。この選挙ではオリンピックに出場する全てのアスリートに投票権が与えられている。

新選手委員の任期は8年で、2028年のロサンゼルスオリンピックまで。選手委員は国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーも兼任する。

ギリシャオリンピック委員会のスピロス・カプラロス会長は「カテリナ・ステファニディを国際オリンピック委員会アスリート委員会の選手委員候補者として指名できることを大変うれしく思います。オリンピック、世界選手権、欧州選手権における偉大な金メダリストであることに加え、愛すべき人柄と闘志を併せ持つ彼女はチームメイトにも慕われる陸上競技委員会の候補者でもあります。彼女がオリンピックで最も人気のある陸上競技選手であることを考慮すれば、彼女が選手委員に選出される可能性は非常に高く、選出されれば同時にIOCのメンバーの地位も獲得することになるため、ギリシャにとって大きな成功となります。ギリシャオリンピック委員会の全てのメンバーはカテリナの当選を支援するために最善を尽くします。」と語り、委員会の総力をあげてステファニディの当選を支援する意向を表明した。

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top