ギリシャ政界:クドゥラ観光相とカミニス・アテネ市長が辞任

今月5月26日(日)に行われる欧州議員選挙への立候補のため、エレナ・クドゥラ・ギリシャ観光大臣とヨルゴス・カミニス・アテネ市長が今週中に辞任する意向であることが報じられた。

クドゥラ観光相は1962年(昭和37)生まれ。2015年与党・急進左派連合(SIRIZA/シリザ)の連立相手であった独立ギリシャ人党(ANEL/アネクサルティティ・エリネス)所属議員として観光副大臣(当時)の任を受け政権入り、以降観光大臣として現在まで活躍。

またカミニス・アテネ市長は1954年(昭和29)生まれ。旧・全ギリシャ社会主義運動(PASOK/現「変化のための運動党」KINAL/キニマ・アラギス))からアテネ市長に選出されている。

クドゥラ観光相は4年間、カミニス・アテネ市長は9年間現職を務めており、欧州議員選挙の行方だけでなく、内外に影響の大きいこの二つの要職を引き継ぐ後継者について注目が集まっている。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top