第72回カンヌ国際映画祭:ギリシャのランティモス監督、審査員に選出

Photo: The 2019 Feature Films Jury © DR

今年2019年に開催の第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査員が29日(月)発表され、「女王陛下のお気に入り」で第91回アカデミー賞主演女優賞(オリヴィア・コールマン)を受賞したギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が審査員として選出されたことがわかった。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが審査員長を務める今回のカンヌでは、監督からはランティモス監督のほかロバン・カンピヨ、パヴェウ・パヴリコフスキ、アリーチェ・ロルヴァケル、ケリー・ライヒャルトが選出。俳優からはエル・ファニング、マイモウナ・エヌジャイエが選出されたほかバンド・デシネ作家として知られるエンキ・ビラルの総勢8名が選出された。

映画祭は2019年5月14日(火)から25日(土)(現地時間)まで開催される予定。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top