ギリシャ・ヒオス島のマスティハ博物館、ギリシャの権威ある建築賞を受賞

facebook.com/domesreview – photo: Yiorgis Yerolymbos

ギリシャの建築学の専門誌「DOMES(ΔΟΜΕΣ)」が選出する今年2019年の最も優れた建築物に与えられる賞「DOMES 2019」に、2016年6月にギリシャ・ヒオス島に開館したヒオス島マスティハ博物館(The Chios Mastic Museum)が選出された。

ヒオス島マスティハ博物館は今年3月1日(金)ギリシャ・アテネで行われた授賞式で栄えある第1位を取得。2013年優れた建築家に与えられるプリツカー建築賞を受賞した日本の建築家・伊東豊雄(いとう とよお)氏もこの賞の選考委員に名を連ねた実績ある賞として知られている。

今回「2014年から2018年までに実現した最も優れた建築物」に選出されたヒオス島マスティハ博物館は、ギリシャの建築家ヤニス・キジス率いる建築チームが設計したもの。

GreeceJapan.comアーカイブ「ギリシャ・ヒオス島のマスティハ博物館、6月開館」

 

scroll to top