ギリシャ・スピナロンガ島の要塞、ユネスコの世界遺産候補に

2018年9月27日(木)ギリシャ・文化・スポーツ省は国連教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産委員会に対し、クレタ島東部に位置する小さな島の一つ、スピナロンガ島の要塞を世界遺産に登録するために必要な推薦状の提出を決定した。なお、正式版の推薦状の提出は来年2019年2月1日(金)が期限となる。

・GreeceJapan.comアーカイブ:「ギリシャ・スピナロンガ島-愛と別れ、知られざる歴史」

1903年から1957年までクレタ島とギリシャ各地から集められたハンセン病の患者たちが隔離された歴史を持つスピナロンガ島は、現在クレタ島及びその周辺地域に位置する遺跡の中でクレタ島のクノッソス宮殿に次ぐ訪問客数を誇っている。

 

scroll to top

Send this to a friend