美しいギリシャの歌でたどるギリシャ・キクラデス諸島への旅(Video)

サントリーニ島、ミコノス島といった世界的に有名なリゾートアイランドを擁するキクラデス諸島。その中心となるのがシロス島だ。

このシロス島で生まれ、島のカソリック教徒のある娘への思いをつづったギリシャ人なら誰もが知る不朽の名曲「フラゴリシアニ」を作曲したマルコス・バンバカリスの手によるもう一つの名曲「ハラマタ・イ・オラ・トリス(夜明け前、午前三時)」が、この度新進の女性歌手イフィゲニア・イオアヌーの声で蘇った。

イフィゲニアが操るのはギリシャの弦楽器・カノナキ。どこか日本の琴にも似たこの音色で、島を代表する作曲家の歌をレベティカにも造詣の深い彼女ならではの唄声で耳にすれば、美しいキクラデス諸島の島々が目に浮かぶことだろう。

Video

 

‐2017年12月、ギリシャを代表する歌のひとつ・レベティカはUNESCO(ユネスコ・国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されることが決定した。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend