2020東京五輪:ギリシャのホストタウン・三郷市で「スポルトみさと」開催(photos)

GREEK

ギリシャを相手国とする2020年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンである埼玉県三郷市で、11月12日(日)東京2020大会の機運を高めるとともに、スポーツ体験を通じた心身の健康づくり等を通じて、新たなツナガリ、コミュニティの活性化を促していくことを目的としたイベント「スポルトみさと」が開催された。

新三郷駅周辺地区を会場に行われたイベントでは2km・5kmのウオーキングやパラリンピック種目の一つであるボッチャの体験、オリンピック・パラリンピック選手によるトークセッションなど様々なプログラムが行われ、当日は木津雅晟・三郷市長をはじめ駐日ギリシャ大使館経済商務部のディオニシオス・プロトパパス部長、日本ギリシャ協会事務局から川上修二氏が駆け付けた。

また会場のひとつ、ららぽーと新三郷ではギリシャの食、観光、歴史の魅力をパネル展示で紹介するギリシャフェアが行われたほか、ウオーキングの折り返し地点となったIKEA新三郷のレストランではムサカとフェタチーズをあしらったギリシャサラダが提供された。

 

また絶好の好天のもと行われたウオーキングでは、2kmのショートコースで2010年バンクーバーパラリンピック・アイススレッジホッケー銀メダリストの上原大祐氏と世界陸上400mリレー銅メダリストの藤光謙司氏が参加。また5kmのロングコースではロンドン五輪・男子背泳ぎの渡邉 一樹氏、そしてギリシャ大使館の青木恵子氏が参加、参加者らとともに汗を流した。

 

scroll to top