セーリングワールドカップ蒲郡:キプロスのコンディディスが出場、15日(日)から

GREEK

photo: Cyprus Sailing Federation

2017年10月15日(日)から22日(日)まで愛知県蒲郡市で開催されるセーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会(Sailing’s World Cup Series 2018 Round 1 Gamagori)へ参戦するキプロスのパヴロス・コンディディスが13日(金)日本に向け出発する。

キプロスセーリング連盟によれば、今回の来日でコンディディスは2020年東京五輪のセーリング会場である神奈川県の江ノ島を合わせて訪問する予定という。

2012年ロンドン五輪のセーリング・レーザー級で銀メダルを獲得している今年27歳のコンディディスは先週8日(日)バルセロナで開催された欧州選手権で銅メダルを獲得したばかり。ロンドン五輪での銀の他、昨年12月のワールドカップ・メルボルン(オーストラリア)大会での金メダルをはじめ今年に入っても数多くのメダルを獲得しており、今年9月のレーザー級世界ランキングで2位につけている注目の選手。

来年2018年デンマーク・オーフスで開催される世界選手権が、2020年東京五輪の出場権獲得を目指すコンディディスの最初の一戦となる。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する IAPONIA.GR、 Japanbyweb.com および Greek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend