水球・世界女子ジュニア選手権2017:ギリシャ代表、銀メダル

photo: Apostolos Zacharakis/koe.org.gr

ギリシャ・ボロス島で開催された水球の第12回世界女子ジュニア選手権大会(12th FINA World Women’s Junior Water Polo Championships Volos)でギリシャ代表は9日(土)決勝でロシア代表と対戦、銀メダルを獲得した。

ギリシャとロシアは第4クオーターを9‐9の同点で終了しペナルティ戦に突入。8-7の1点差の合計17‐16で惜しくも優勝を逃した。

なお、銅メダルは6-9でスペインを破ったオランダが獲得している。

[ロシア(17)‐ ギリシャ(16)](クオータ:4-4, 3-3, 2-0, 0-2 / ペナルティ:8-7)

ギリシャ:スタマトプール、プレブリトゥ(3)、ヒディリオティ、エレフセリアドゥ(1)、B. プレブリトゥ、クセナキ(2)、プロトパパ(2)、パトラ、ミハイリドゥ、ミリオケファリタキ(1)、セレトプール、マヴロタ、ドゥレカ

ロシア:GOLOVINA, GEZANICH (3), ZAPLATINA (1), BERZNEVA (1), BORISOVA (1), POPOVA, KEMPF, LAPTEVA, VAKHTOVA, TOLKUNOVA, KHAMZAEVA (1), SERZHANTOVA (2), STEPAKHINA

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する IAPONIA.GR、 Japanbyweb.com および Greek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend