水球・世界女子ジュニア選手権2017:ギリシャ代表、銀メダル

photo: Apostolos Zacharakis/koe.org.gr

ギリシャ・ボロス島で開催された水球の第12回世界女子ジュニア選手権大会(12th FINA World Women’s Junior Water Polo Championships Volos)でギリシャ代表は9日(土)決勝でロシア代表と対戦、銀メダルを獲得した。

ギリシャとロシアは第4クオーターを9‐9の同点で終了しペナルティ戦に突入。8-7の1点差の合計17‐16で惜しくも優勝を逃した。

なお、銅メダルは6-9でスペインを破ったオランダが獲得している。

[ロシア(17)‐ ギリシャ(16)](クオータ:4-4, 3-3, 2-0, 0-2 / ペナルティ:8-7)

ギリシャ:スタマトプール、プレブリトゥ(3)、ヒディリオティ、エレフセリアドゥ(1)、B. プレブリトゥ、クセナキ(2)、プロトパパ(2)、パトラ、ミハイリドゥ、ミリオケファリタキ(1)、セレトプール、マヴロタ、ドゥレカ

ロシア:GOLOVINA, GEZANICH (3), ZAPLATINA (1), BERZNEVA (1), BORISOVA (1), POPOVA, KEMPF, LAPTEVA, VAKHTOVA, TOLKUNOVA, KHAMZAEVA (1), SERZHANTOVA (2), STEPAKHINA

 

Top