水球・世界女子ジュニア選手権2017:ギリシャ、準決勝に進出

photo: koe.org.gr

2017年9月3日(日)から9日(土)までギリシャ・ボロス島で開催されている水球の第12回世界女子ジュニア選手権大会(12th FINA World Women’s Junior Water Polo Championships Volos)でギリシャ代表は7日(木)アメリカ代表と対戦、4-3で勝利し準決勝に進出した。

グループBのギリシャはオーストラリアに6-12、南アフリカに21-5、中国に6-18で全勝。7日(木)の準々決勝でアメリカを1点差で破り、8日(金)20時(現地時間)から行われるオランダとの準決勝への進出を決めた。

[ギリシャ(4)‐アメリカ(3)](1-1, 1-1, 2-1, 0-0)

ギリシャ:スタマトプール、プレブリトゥ(1)、ヒディリオティ、エレフセリアドゥ、B. プレブリトゥ、クセナキ(3)、プロトパパ、パトラ、ミハイリドゥ、ミリオケファリタキ、セレトプール、マヴロタ、ドゥレカ

アメリカ:Longan, Liebowitz (2), Klass (1), Hill, Hauschild, Weber, Harbilas, Whitelegge, Mammolito, Neushul, Ayala, Jonshon, Kapana

なおグループAの日本代表は13位決定戦でスロバキアと対戦。21-4で勝利し、今大会を13位で終了した。

 

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する IAPONIA.GR、 Japanbyweb.com および Greek.world の共同創設者。

scroll to top

Send this to a friend