江戸東京博物館にて特別展「写楽 幻の肉筆画」ギリシャに眠る日本美術~マノスコレクションより を開催

昨年夏、ギリシャ・コルフ島にある国立コルフ・アジア美術館にて写楽の肉筆画が収蔵品の中から日本の研究者チームにより発見されたとのニュースをお聞きの方もおいでかと思います。

これら貴重な日本美術を中心としたコレクションは、ひとりのギリシャ大使グレゴリオス・マノス氏のプライベートコレクションとして始まったものですが、今や日本でも目にすることすら困難な優れた作品が収蔵されています。

日本・ギリシャ修好通商航海条約110周年である今年2009年、これを記念して今回江戸東京博物館での特別展が開催される運びとなったものです。
この機会にぜひ、ギリシャ人も認めた日本美術の粋と日本とギリシャとの確かな絆をあらためて感じてみてはいかがでしょうか。みなさまぜひお越しください。

●開催期間/2009年7月4日(土)~9月6日(日)
●開催場所/東京都江戸東京博物館 1階 企画展示室
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
JR総武線両国駅西口徒歩3分、都営大江戸線両国駅A4出口徒歩1分
●TEL/03-3626-9974(代表)

●主 催/財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、
ギリシャ国立コルフ・アジア美術館、 読売新聞東京本社
●企画協力/英国セインズベリー日本藝術研究所
●後 援/ギリシャ共和国大使館

 

今年2021年に20周年を迎えたGreeceJapanへ、皆さまのご支援を賜りたく思います。次の時代へギリシャと日本の関係を繋いでいくため、皆さまのお力添えをお願いいたします

GreeceJapan.comをソーシャルメディアでフォローしてご支援ください!
Follow us
Follow us
Follow us
Follow us
scroll to top