ギリシャ北部のペラで古代マケドニアの新たな墳墓を発見

pella1

写真/今回発見された墳墓を上から見た様子。左右(南北)に別室が確認できる。

ギリシャ文化省は2015年12月23日(水)、古代マケドニア王国の首都が置かれた地として知られるギリシャ北部のペラで、下水道の工事中に新たな古代マケドニアの墳墓が発見されたことを発表した。

文化省の発表によれば、今回発見された古代マケドニア時代のペラの墳墓の最も特徴的な点はその様式であるといい、通常見られる墳墓前室(控えの間)と死者が眠る主室に加え、今回は前室(控えの間)の北部・南部の両端にこれまで見られることのなかったまったく別の二つの別室が発見されたという。

pella2

写真/前室(控えの間)から奥・主室を見たところ。

今回新たに発見された墳墓は、墳墓内部で発見された発掘品からその他の墳墓と同じく紀元前3世紀前半のものと考えられている。

古代マケドニア王国の首都であったペラ東部に位置する古代マケドニアの墳墓とその他の18の古代墳墓は、2014年10月から2015年12月まで行われた発掘作業で発見されたもの。


最新情報はFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeからチェック!

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top