K.コジャマニ監督の短編「ワシントニア」、SSFF & ASIA 2015で上映

米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭である「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015(Short Shorts Film Festival & Asia/SSFF & ASIA)で、ギリシャの映画監督コンスタンディナ・コジャマニ(Konstantina Kotzamani)の「ワシントニア(Washingtonia)がコンペティション・プログラムのひとつとして上映される。

監督のコジャマニは1983年ギリシャのコモティニ出身。これまでにPig(2011)、Zodiac(2012)、Arundel(2012)、Morning Prayer(Sarajevo City of Film/2013)と精力的に作品を発表。今作「ワシントニア」が5作目となる。

映画祭は無料上映(一部プログラムは有料)。チケットはオンライン(映画祭オフィシャルサイト)または各会場での当日整理券の配布で入手できる。

[ 上演情報/ワシントニア-インターナショナル プログラム G ]

・横浜会場:2015年6月11日(木)15:40-17:30/ブリリア ショートショート シアター
・原宿会場:2015年6月13日(土)17:50-19:40/ラフォーレミュージアム 原宿
・渋谷会場:2015年6月14日(日)13:30-15:20/シダックス・カルチャーホール

・映画詳細/チケット予約(映画祭公式サイト)

・Washingtonia/映画公式サイト

永田 純子

永田 純子

GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

scroll to top