「ワールド・フィルム・ロケーション」新刊、アテネをフューチャー

world-film-locations-athens

映画に映し出された世界各地の模様を、一つの都市に焦点を当てて解説したIntellect社の書籍「ワールド・フィルム・ロケーション(The World Film Locations)」シリーズで、2014年秋アテネをフューチャーした新刊World Film Locations: Athens)が出版され話題を呼んでいる。

映画を愛する者にとって、また旅を愛する者にとっても秀逸なガイドブックであるこのシリーズのアテネ編では、100年の映画史上でギリシャ国内外のあらゆる映画に映し出されたアテネの姿を詳細に解説している。

この本を読めば、歴史的建造物から古代遺跡といった誰もが知るスポットから、アテネの街角や近郊の海岸といった知られざる場所まで、映画に描かれたあらゆる場所を居ながらにして旅することができる。

今回アテネ編の表紙に選ばれたのは、1957年公開のジーン・ネグレスコ監督の映画「島の女(The Boy on A Dolphin)」にフェードラ役で主演したソフィア・ローレン。

なお、同シリーズでは2011年に東京編(World Film Locations: Tokyo)が出版されている。

    永田 純子

    永田 純子

    GreeceJapan.com 代表。またギリシャ語で日本各地の名所を紹介する  IAPONIA.GR, 英語で日本を紹介する JAPANbyweb 、および 英語版ニュースのGreek.world の共同創設者。

    scroll to top