世界陸上ロンドン:ギリシャのステファニディ、女子棒高跳びで金

2017年8月4日(金)から13日(日)までイギリス・ロンドンで開催されている第16回世界陸上競技選手権大会(IAAF World Championships)で6日(日)女子棒高跳びの決勝が行われ、ギリシャのカテリナ(エカテリニ)・ステファニディが4.91mを跳躍、金メダルを獲得した。

ステファニディは昨年のリオ五輪でアメリカのサンディ・モリスを抑え4.85mを跳躍、自身初のオリンピックでの金メダルを獲得。ロンドンから届けられたギリシャ棒高跳び界のスターの快挙の一報に、ギリシャのプロコピス・パブロプロス大統領やチプラス首相をはじめ政界からも祝福のメッセージが寄せられた。

今大会ではアメリカのサンディ・モリスが4.75mで銀を、ベネズエラのペイナドとキューバのシルバが4.65mでともに銅を獲得している。

 

Top

Send this to a friend