古代演劇クラブ、ギリシャでの上演費用をクラウドファンディングで調達

Photo: 古代演劇クラブ

古代ギリシャ喜劇の巨人メナンドロスの「エピトレポンデス(Επιτρέποντες / Epitrepontes)」を古代ギリシャ語で現代に甦らせた「古代演劇クラブ」が、今年7月に予定されているギリシャの演劇祭での上演にあたってラウドファンディングによる資金調達を募集している。

今回の上演は、ギリシャ・デルフィで今年7月に行われる演劇祭「ANIMART」からの招へいによるもの。2014年に結成された古代演劇クラブは、古代ギリシャ語によるギリシャ喜劇の上演を目的として、これまでメナンドロスの「エピトレポンデス(辻裁判)」と「デュスコロス」を各地で上演、日本をはじめギリシャでも好評を得ている。

滞在費についてはすべて演劇祭側が負担するものの、俳優・スタッフ等上演に係るメンバーの渡航費は自己負担で準備する必要があるため、今回のクラウドファンディングの実施となったもの。

目標金額は80万円。支援金額は3,000円、5,000円、1万円、3万円、10万円の5段階に設定されており、それぞれ報告書の送付をはじめとした支援金額に応じたリターンが準備されている。

クラウドファンディングの終了日は2017年5月9日(火)となっている。

古代演劇クラブ:クラウドファンディング詳細ページ

 

Top

Send this to a friend