水球:世界女子ユースでギリシャ、27対9で日本に圧勝

Photo: koe.org.gr

2016年12月12日(月)から18日(日)までニュージーランド・オークランドで行われている2016世界女子ユース選手権(3rd FINA World Women’s Youth Water Polo Championships (18&U) Auckland)で、同組C組のギリシャと日本は14日(水)グループ最終戦で対戦。ギリシャが日本を27対9で圧勝、グループ第1位で準々決勝に進出した

ギリシャ代表は試合開始からの猛攻で終始日本を圧倒。第1ピリオドで10ー1、第2ピリオドで4ー4、第3ピリオドで5ー1、最終第4ピリオドで8ー3と実に18点差で勝利をつかんだ。

[ ギリシャ代表 ]
コーチ:ステファノス・レアンドロス
得点者:プレヴリトゥ、プロトパパ(6)、エレフセリアドゥ、マヴロタ(4)、パトラ、ミリオケファリタキ(3)セレトプール(1)

[ 日本代表 ]
コーチ: 加藤 英雄
得点者: 稲場 晴香(5)、橋田 舞子(1)、寺方 千晶(1)、岩野 夏帆(1)、井上 晏(1)

ギリシャ代表の次なる戦いは16日(金)18:40(現地時間)からの準々決勝でスペインと対戦。C組4位に終わった日本代表は13-15位トーナメントで戦うことになる。

 

Top